白髪染めシャンプー&トリートメント

白髪染めする前にシャンプーは必要なし!頭皮を傷める原因になります

白髪染め前にシャンプーは必要なのか?シャンプーしないと綺麗に染まらないのではないか?

白髪染めやカラーリングで、誰もが一度は考えたことあるのではないでしょうか?

結論言ってしまうと、白髪染め前のシャンプーは必要ありません。

今回は、その理由と、白髪染め前でもシャンプーしたほうがいいいケースを紹介していきたいと思います。

白髪染め前のシャンプーが必要ない理由

白髪染め前のシャンプーは、日常的に清潔にしているのであれば必要ありません。その理由を紹介していきます。

  • 染色力に影響なし
  • 頭皮を保護するため

白髪染め前にシャンプ―しなくても染色力に影響はない

白髪染めって、髪の毛に黒い塗料を塗るという原理ではなく、アルカリ剤で毛髪を膨潤させてキューティクルを開き、髪の内部に脱色成分を侵透させて脱色して染料を入れるという、ヘアカラーとなんら変わりのないものなんです。

髪が汚れている程度では、この化学反応的なカラーリングには何ら影響はありません。

一般的な白髪染めとして解説しています。白髪染めトリートメントは、脱色せずにカラーリングするため、染める前のシャンプーは必要です。

【トリートメント関連記事】
ブラックデュアルトリートメントの口コミ

皮脂は頭皮を保護する役割がある

カラーリングをしている時に頭皮がピリピリと痛くなった経験ってありませんか?白髪染め前にシャンプーをしてしまうと、痛みが増します。

というのも、頭皮から分泌されている皮脂が、頭皮を保護する役割を担っているんです。

これを洗い流してしまうと、頭皮がノーガードの状態で白髪染めの薬品にさらされてしまうんですよね。

なので、下手に汚れを落とす目的でシャンプーしてしまうと、思わぬ弊害が待ち受けているんです。

白髪染する前にシャンプーする場合もある

だからといって、白髪染め前にシャンプーを全くしなくていいというわけではありません。

スタイリング剤を使用しているときは、できるだけ洗髪したほうがよさそうです。

スタイリング剤を付けている時はシャンプ―しましょう

髪にワックスやヘアスプレーなどをクシが通らないくらいつけてる場合です。
このような状態で白髪染めしてしまうと、部分的に染まりにくくなる場合があります。

頭皮に触れないよう、できるだけ髪を中心に洗うようにしましょう。

また、白髪染めを塗布しにくかったりと、やりにくい場合が考えられます。そう考えると、シャンプーしたほうが弊害がなさそうです。

【関連記事】

白髪染めでワックスつけたままでも大丈夫

頭皮の皮脂は白髪染めを完全にブロックできるわけではない

白髪染め前にシャンプーしてしまったからといって、白髪染めを諦めるほどのことではありません。
私の経験上の話ですが、白髪染め前にシャンプーしたからといって、数回程度では頭皮に異常が出るわけではないのです。

これまでは一般的に言われていることを書いてましたが、極論を言うと「シャンプーして白髪染めしたら頭皮が痛くなったという人は、シャンプーしなくて白髪染めしても普段から痛い」ということです。

そもそも髪にも皮脂は付いているのですが、白髪染めは皮脂の影響をほとんど受けることなく、色素を脱色して染めることができます。

ということは、頭皮付着した場合でも同じことが起きているということなんですよね。

はっきり言って、白髪染めの前準備などは、あまり気にしなくていいということです。

白髪染め前のシャンプーについてまとめ

髪が皮脂で汚れていると、染まり具合にムラができやすいなどと言われることもありますが、白髪染めは染色力が強いので皮脂の影響はほとんど受けることはありません。

ただし、頭皮は白髪染めのダメージを受けにくくするよう、皮脂を残しておいた方が良いということです。

頭皮への影響がどうしても気になるという人は、ヘアサロンに相談するか以下の商品を試してみてください。

頭皮を保護するクリーム【サボニーズ スーパープロテクトクリーム】

美容室でも使用されているプロテクトクリームです。頭皮を中心に塗ることで白髪染めから保護することができます。

例え髪に付いたとしても、染まり上がりに問題がないという優れもの。髪についても問題ないのでガンガン塗っちゃいましょう!

頭皮が敏感な人や、吹き出物ができていたり状態が好ましくない人は使用してみましょう。

【関連記事】
白髪染めでミルクティーベージュに染める方法

明るくなりすぎた髪を暗くする市販の白髪染め

-白髪染めシャンプー&トリートメント
-