白髪染めシャンプー&トリートメント

ピンクアッシュにできる市販品のヘアカラー!白髪染めセルフカラーの紹介!

ピンクアッシュ

市販の白髪染めでピンクアッシュに染めることができるの?おすすめの白髪染めってあるの?

について紹介していきます。

【関連記事】
白髪染めでハイライトを自分でやる方法

ピンクアッシュってどんな色?

https://hair.cm/

秋にオススメのカラーのひとつ「ピンクアッシュ」
ピンクアッシュの色味は、仕上がりの明るさでイメージが変わってきます。


暗めの場合は、大人っぽい品もあり、ほんのりピンクで可愛らしさも出すことができるキレイな色味です。


ピンクと聴くと少し敬遠されるかもしれませんが、紫に近く秋のファッションにもマッチしやすい素敵な色味です。


また、明るめの場合はアッシュならではの透け感、透明感にピンクの柔らかな色味が光の加減で様々な表情を見せてくれるオシャレなカラーです。

同じピンクアッシュでも、明るさで印象が大きく変わります。最初は濃いめに色を入れて、少しずつカラーの色落ちを楽しむのも良いでしょう。

白髪染めでピンクアッシュにできる?

最近は自宅でも簡単に染められるように、市販のカラー剤もバリエーションが増えてきました。自分で染める場合でも、白髪の量や今の髪の状態にもよりますが、ピンクアッシュに近い色味にすることはできます。


また、サロンで染める場合はその時の髪質や色味に合わせて薬剤を調合するので、希望通りの色味を出すことができます。髪の毛の根本から染めて、毛先を時間が経ってから塗るのは色の入り具合を見るためや、根本と毛先を同じ明るさにするためにそれぞれ調合を変えるためです。


根本と毛先で明るさや色味が変わってしまうのを防ぐために、薬剤や塗布時間を考慮しているので自身で何度も染めている場合や、ムラになってしまう方は美容師の塗り方を参考にしてみてください。

白髪染めピンクアッシュにおすすめの市販品

  • 「ビューティーラボ ホイップヘアカラー」の「ダスティピンク」
  • 「ビューティーン メイクアップカラー」の「セピアラベンダー」
  • 「リーゼ 泡カラー」の「クールピンク」
サンドラッグe-shop
¥598 (2021/10/13 22:33時点 | 楽天市場調べ)

ここでは、実際の商品を何種類か紹介します。


例えば、ホーユーで販売している「ビューティーラボ ホイップヘアカラー」の「ダスティピンク」は、ピンクアッシュというカラー名は使われていませんが仕上がりイメージは近い色味です。ダスティという表現はアッシュ感である「くすんだ」色味を表現しています。


また、同じホーユーの「ビューティーン メイクアップカラー」の「セピアラベンダー」も前述した紫に近い色味で大人っぽいピンクアッシュに仕上げるができるでしょう。


花王の「リーゼ 泡カラー」の「クールピンク」も同様に大人っぽい印象のピンクアッシュの仕上がりにできるでしょう。

他にもピンクアッシュをイメージしたカラー剤はありますが、泡カラーは均一にしっかり染められるので初めての方にもオススメです。

ムラになってしまう原因として多いのが、薬剤の塗布量が均一ではないことが多いです。薄い部分と厚い部分では、色の入り方が変わってしまいます。自分で染める場合は、塗りにくい場所がどうしてもでてきますが泡タイプであれば全体をカバーできます。

仕上がりにこだわる場合は、塗り始めの時間も覚えておくようにするとキレイな仕上がりに繋がるのでオススメです。

白髪染めでピンクアッシュに染める方法

https://salon.arine.jp/

ピンクアッシュの色味を出す場合は、ピンクの色味を出す際にピンクだけではなく紫系のカラーを使うこともあります。

白髪染めで染める場合は、白髪がしっかり染まるように元々の色素が濃く設定されている場合があるので、暗めの明るさのほうがキレイに発色し長持ちするでしょう。白髪染め専用の薬剤でも、色のバリエーションは豊富です。

自分の今の色味や、白髪の量に合わせて決めると良いでしょう。また、ピンクアッシュに染める場合は赤系のカラーで染めている髪の毛のほうがピンクの色味をしっかりさせることができます。


また、アッシュ感を強く出したい場合は染める前の髪の毛を少し明るくしてから染めると透け感や透明感が出やすいです。


ただ、注意点として塗ってから時間を長く置けば良いというわけではありません。色が入りすぎて思っていたよりも暗くなってしまったり、髪の毛のダメージにもつながってしまいます。


放置時間の目安があると思うので、基本はその時間通りに流すのが良いでしょう。


また、自身で染める場合も流す前にどれくらい染まっているか確認するだけでもキレイな仕上がりにつながります。塗り始めてから薬剤は効力を発揮しているので、ムラ防止にもなります。

ピンクアッシュに染める場合は、商品の名前を判断基準にできます。

ピンクという言葉がなくても、仕上がりはピンクアッシュに近い商品も多いです。カラー名は、使った薬剤の色で付ける場合もありますが、仕上がりのイメージで付けるほうが多いです。カラー名も、ヘアスタイルのスタイル名と同じように考えることができます。


カワイイ系のピンクは、キュートやピュアなどの言葉で表現できますし、大人っぽいピンクであればクールやエレガントなどで表現しています。ピンク系のカラーはツヤ感が出るので、髪の毛がキレイに見えます。


アッシュは「くすみ」「透明感」のようなイメージなので、「セピア」や「ダスティ」などで表現されています。本来アッシュは「灰色」という意味ですが、日本人特有の赤みがある髪の毛の色味を打ち消すために青色や紫色の色素を使っています。

「灰色」だと仕上がりのイメージがなかなか伝わりにくいですが、「ラベンダー」や「ブルーベリー」など花や果物で例えることで仕上がりの印象をつけることができます。

-白髪染めシャンプー&トリートメント
-