成分-害

ヘアカラーで頭痛がする原因!白髪染めで身体がだるくなった時の対処法

ヘアカラーで頭痛

ヘアカラーで頭痛や体調不良になる原因は、簡単に言うと「酸化染料によるアレルギー」です。

また、そのまま使い続けることで、アレルギー症状がどんどん悪化してしまいます。

この記事では、その辺りを詳しく解説しています。

体調不良になる人は、原則ヘアカラーをしないのが一番の得策ですが、どうしても毛染めしたいという人のため対処法も紹介しています。

ヘアカラーで頭痛や体調不良になる原因

頭痛に苦しむ女性
  • パラフェニレンジアミン
  • 硫酸トルエン2,5-ジアミン
  • パラアミノフェノール

代表的なのは、酸化染料のパラフェニレンジアミンという刺激物質が原因で体調不良になります。
要はアレルギー反応です。
白髪染めなどのヘアカラーを中心に使用されている物質で、毛染めの主成分として広く使用されています。

他にも硫酸トルエン2,5-ジアミンやパラアミノフェノールがジアミン系物質よ呼ばれており、これらもアレルギー指数が高く、同様にアレルギー反応を起こすと言われています。

酸化染料にも様々な種類の成分があり、必ずしもジアミン系物質が含まれているというわけではありません。科学用語としては分子構造の中に、反応の強いアミノ基が2つあるという意味です。

ちなみに、市販のヘアカラー剤と美容室で取り扱っているヘアカラー剤の有害度は変わりません。

美容室だから強力な毛染料を使用しているわけではなく、あくまで色のバリエーションが多いか少ないかの違いなんです。

含まれている有害物質の量は変わりません。

なので、市販の毛染めで頭痛や具合が悪くなる人は、美容室で染めても具合が悪くなるということになります。

ヘアカラーで体調不良を放置することで起こること

はじめは軽度の症状でも、使い続けることで悪化してしまうことがあります。

症状が出た時点で、カラー剤の使用を中断しましょう。

アレルギー反応なので、かぶれや湿疹、ひどい人は顔が腫れたりアナフィラキシーショックにより呼吸困難に陥ることがあります。

症状が出た時点で、皮膚科を受診することをおすすめします。アレルギー科で受診できるところがあれば、そちらを優先しましょう。

これからヘアカラーする人はパッチテストを必ずやろう!

パッチテスト

パッチテストをやらずにヘアカラーを使用して具合が悪くなる人がほとんどのようです。

今までそんな事なかったから大丈夫!と思っていても、突然アレルギー反応が出る場合もあります。

まずはパッチテストをして、これから使用するヘアカラー剤が自分の肌に合っているか確認する必要があります。カラー剤のパッケージにも必ずやるよう注意書きがあります。

美容室で染める場合は、心配であれば美容師さんに相談してみるのがいいかもしれません。

または、事前に市販のヘアカラー剤でパッチテストで異常が出ないことを確認したほうが安心ですね。

ヘアカラーで頭痛や体調不良になる時の対処法

一度具合が悪くなった場合、基本的にはヘアカラー剤を使用しないことをおすすめします。

どうしても染めたければ、以下の方法で回避できるかもしれません。

  • カラートリートメント剤を使用する
  • 換気に注意する

カラートリートメント剤を使用する

直接染料を主成分としているカラートリートメント剤を使用することで、体調不良を回避することができるかもしれません。

直接染料は酸化染料と異なり、化学反応ではなく髪色を直接染めるものです。

直接染料の中にもジアミンの名をもつ物質が含まれていることがありますが、ジアミンアレルギーを起こすものではありません。

ブリーチなしのため、酸化染料よりも肌への刺激が少なく、アレルギー反応も出にくいと言われています。

酸化染料と比較すると、発色具合や色持ちが劣るデメリットがありますが、体に負担をかけるよりもこちらの方を選ぶべきです。

関連記事

ドラッグストアで購入できる白髪染めシャンプー

紫シャンプーの口コミ

今まで以上に換気をおこなう

肌の刺激以外にも、あの独特な臭いで具合が悪くなることもありますよね。

洗面所や浴室で染める場合は、必ず換気扇を回して窓は全開にしておきましょう。

トリートメント剤であれば、ブリーチ剤の独特な臭いがなく快適に染めることができます。

ヘアカラーで頭痛になる原因まとめ

ヘアカラー剤で頭痛や体調不良になる原因は、アレルギー指数の高い酸化染料に含まれるジアミン系物質が原因です。

かぶれや湿疹など肌に異常を感じたら使用を即中止しましょう。

また、症状が続くようであればアレルギー科を受診してください。

そのまま使い続けると、アナフィラキシーショックを起こしてしまい、命に関わるような事態にもなりかねません。

アレルギー反応を事前に確認する方法としては、パッチテストがあります。(やり方はヘアカラー剤の取り扱い説明書を参照しましょう)

具合が悪くなる人で、どうしても髪を染めたいのであればカラーシャンプーやカラートリートメントがおすすめです。

-成分-害
-,