「やってみよう!ボランティア」身近でできるボランティア活動がいっぱい!
「保護者の皆様へ」を開く
 
   
トップページを開きます
メニューリスト
     
「はじめに」ページを開きます
「どんな活動があるの?」ページを開きます
「ボランティアをやってみようと思ったら」ページを開きます
「ボランティア活動の心得」ページを開きます
 
 
※JT(日本たばこ産業株式会社)の助成により作成しました
 
本ページに掲載されている画像、 文章等の無断使用・転載を禁止します。
 
ボランティア活動をやってみようと思ったら
情報を集めよう
インターネットで調べる
 「ボランティア募集」や「収集ボランティア」で検索するとたくさんの情報がでてきます。
 地域のボランティア団体のホームページにもボランティア募集情報が載っていることがあります。
 

情報やパンフレットを見る
 「ボランティア情報誌や活動団体のパンフレットなどから募集情報を見つけることができます。
 

ボランティアセンターに連絡してみる
 「ボランティア活動をしたい人」と「ボランティアを募集している人」
それぞれに、希望に合った情報を提供してくれるところです。
連絡先はコチラ
 

研修や講座、イベントなどに参加してみる
 パネル展や講演会、イベントなどに参加してみましょう。
その団体の活動内容がわかります。
「ボランティア体験」や「ボランティアフォーラム(ボランティアについて考える集い)」を開催していることもありますので、参加してみるのもよいでしょう。
 


興味あるものをピックアップできたかな?
「街をキレイにしたいからゴミ拾いをしたい」など、したい事はありますか?自分の興味のあることからボランティア情報を見つけよう。
 
参加先に問い合わせてみたかな?
参加したい団体が決まったら、よくわからないことや聞きたいことなどをまとめて、直接問い合わせてみよう。
 
さぁ、参加してみよう!
実際に参加してみよう。
当日は、時間や活動内容などの約束を守り安全に行動しよう。


ひとりからできるボランティア活動
 
 この本でも紹介している収集ボランティアや、環境問題を調べて発表するなど、一人でもできる活動もあります。自分にあった形で、チャレンジしてみよう。

収集ボランティアは、回収先に集め方・送り方を確認し、家族や友達と協力して集めてみよう。

ボランティア活動をした後、その感想などを周りの人に伝えることも、活動を広げる手段の一つです。
 
 
 



入っておくと安心 ボランティア保険 
 
 ボランティア活動中にけがをしたり、人にけがをさせてしまったり、物を壊してしまったときに備えて、ボランティア活動保険に入っておくことをオススメします。年間300円からで、年度ごとの掛け捨てタイプです。
 札幌市ボランティアセンターや、各区及び市町村の社会福祉協議会で受け付けています。
 
 
 



ボランティア情報はこんなところに
 
ボランティアセンターへ
札幌市社会福祉協議会ボランティアセンター
 札幌市中央区北1条西9丁目リンケージプラザ 2F
 TEL 011-219-1737

 http://www.sapporo-shakyo.or.jp/
札幌市各区社会福祉協議会
各市町村社会福祉協議会のボランティアセンター
北海道社会福祉協議会ボランティアセンター・市民活動センター
 札幌市中央区北2条西7丁目かでる2・7 2F
 TEL 011-271-0683

 http://www.dosyakyo.or.jp/hokkaido-vc/
環境に関することなら
北海道環境サポートセンター
 札幌市北区北7条西5丁目札幌千代田ビル 1F
 TEL 011-707-9025

 http://www.heco-spc.or.jp/
 
 
 



フォーラム体験レポート
 
 
さっぽろヤングボランティアフォーラム 2004
実行主体:さっぽろヤンボラ2004実行委員会
主  催:NPO法人 北海道ボランティアコーディネータ協会
共  催:NPO法人 サービスフォーピース札幌支部
 2004年8月、札幌リンケージプラザにて開催されたこのフォーラムは、札幌市内の高校生が参加を呼びかけ初めて実現したものです。
さっぽろヤングボランティアフォーラム 2004 写真
 学校の枠を超え、「ボランティア」「生きることの大切さ」「人との関わり」など日頃感じていることを話し合い交流を深める一日となりました。
 
話し合いの中ではこんな体験談も
自閉症の子どもと遊ぶボランティアをしている女子
「子どもたちと普通に接しているのだけれど、心の中で『私はこの子たちとは違う』と感じている自分に気づき悩むことがある」
老人ホームでボランティアをしている男子
「老人ホームで出会ったおばあちゃんの話は、やけに説得力があり素直に聞けた。それまで親や先生の言うことに反発してばかりだったが、自分が間違っていたとわかった」
 
 
 ボランティアは人との出会い、それを通して自分と向き合うきっかけをつくってくれるものかもしれません。「来年はもっと準備をしっかりしてまたやりたい」(実行委員)とのことです。来年はあなたもぜひ参加してみませんか。
 
 
 
ボランティア体験 2004
主催:各区社会福祉協議会、札幌市社会福祉協議会
 2004年8月1日〜31日、今年も「ボランティア体験2004」が行われました。
 札幌市内でボランティア体験をしたい小学生以上を対象に、実際に老人ホームでお年寄りとレクリエーションを楽しんだり、作業所で利用者と一緒に作業などをしました。
ボランティア体験 2004 写真
この体験は施設の利用者やそこで働く人とのふれあいの中から、ボランティア活動や福祉への関心を高めてもらう事を目的に行っています。今年参加したのは、小学校1年生から75才までの413名でした。(小学生は保護者と一緒に参加しました)
 
   
Copyright (C) 2005 ボラナビ倶楽部. All Rights Reserved.