北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクNPO法人ボラナビの法人概要ボラナビボランティア募集

携帯・スマートフォンからも
簡単登録!
ボラナビ・アラート

ボラナビ・アラート登録画面へのQRコード

このサイトにおけるボランティア情報検索モジュールの開発は、競艇の売り上げ交付金による2008年度日本財団の助成によって実施しました。

 



展覧会 目で考えるストーリー

この情報は活動期間が終了しています

【展示作家】  今井 俊(木版画) / 平塚運一(木版画)

独特の世界観を作り出している今井俊の原点には、メキシコ時代のスケッチとそこに添えられた文章があります。それは、文と絵が互いに触発を受けながら、1つの指向を持った作品として合成されたものです。やがて言葉と一体になっていた、それぞれの絵が連関しはじめると、絵本の物語が文章に替わって作品に力を与えるようになります。 イメージとは心的な操作が作り出す想像であって、そのイメージと物語との間に、意図がある絵本というのは、たとえば、いい風を受けて凧が高く上がるときの手ごたえというか、物語が上手な語り口を得ることによって、読者の想像力までもが補完されるようなものです。けれども、絵本の絵というのは、物語が中心に構成される関係で、ともすれば、言葉以外の内容は見落としがちです。目は文字を追っていながらなので、絵が実力を発揮しないのです。今井俊の絵は優れた映像と同じで、字幕が無くとも活き活きとした物語が感じられるものです。イメージに物語性を加え膨らませた、行間の余韻と、言の葉の肌触りは、知覚の上では眼で考える機能がたよりになります。物語の進行を視覚で考えるストーリー。見る者を絵の中にひっぱる視覚作用です。先人からの贈り物を刺激しあいながら深め、次へと続いていく素朴で原始的な画風とともにお楽しみください。

●日時/2021年1月21日(木)~2月21日(日)開館日は木~日。
●場所/札幌市豊平区旭町1丁目1-36
●その他/入場料一般500円、小学生未満無料、障がい者手帳をお持ちの方300円(その介護者1名を含む)。
●お問合せ/北武記念絵画館 
メール kaigakan@hokubu-kinen.or.jp
TEL:011-822-0306

後援 札幌市・札幌市教育委員会
(2020年12月29日最終更新)

  • 活動曜日     活動時間帯  午前 午後(17:00まで)
  • 活動場所    札幌市豊平区旭町1丁目1-36
  • 交通機関
    駐車場5台分あり
    東豊線「学園前駅」1番出口より徒歩5分
    南北線「中島公園駅」1番出口より徒歩10分
  • 参加費用
    入場料一般500円、小学生未満無料、障がい者手帳をお持ちの方300円(その介護者1名を含む)。
  • 謝礼
  • 連絡先:
    〔その他〕北武記念絵画館
    メール kaigakanhokubu-kinen.or.jp
    TEL:011-822-0306 
    北海道札幌市豊平区旭町1丁目1-36
    ホームページ http://www.hokubu-kinen.or.jp/
お独り様会 独身者の出会いとイベント

いのちの電話相談員募集~社会福祉法人北海道いのちの電話

ぬくもりのケア  ハンド・フットケア参加者募集~ヒーリングケアスクール札幌

登録ヘルパー募集~NPO法人せせらぎ

老人ホームの常勤職員募集~誘喜

お独り様会 独身者の出会いとイベント

  

[以上広告]

熱中症予防 声かけプロジェクト 

 

 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET