北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクNPO法人ボラナビの法人概要ボラナビボランティア募集

携帯・スマートフォンからも
簡単登録!
ボラナビ・アラート

ボラナビ・アラート登録画面へのQRコード

このサイトにおけるボランティア情報検索モジュールの開発は、競艇の売り上げ交付金による2008年度日本財団の助成によって実施しました。

 



展覧会「一人で歩き出す時」

私たちは、家族や学校、企業体など、いろいろな規模の集団の中で交わり生活をしています。それは自己と同質の性格による集団だけではなく、衣食するための境遇だったり、孤独をまぎらすためだったり、活き活きとした連結にかりたてられたものではありますが、その基には人間の集団欲があるのだと思います。 もちろん、それは大人だけの問題ではなく、子供も大人も、性別に関係なく私たちを人間関係や対人関係の渦に巻き込みます。一緒に学び、働き、そして苦しみ、時には耐えがたい環境の中でも、うまく生きていくために我々は、そういう集団の中に適応しなくてはなりません。みんなと同じであることを望み、集団の一員であることを強調するそれは、人間の重要な本能ではあります。 

吉川聡子と橋場仁奈は、現代人がそういう生活から少し離れた瞬間を新鮮な構成で描いています。通信のネット化と情報過剰の生活の中で思考するために時間をさくことは困難ですが、それでも人は、しばし自分自身の心の声に耳を澄ませます。そこには何かしら大切な心の芽生えがあるからです。それは単なる集団からの逃避ではなく、社会と誠実に向き合うためのものであり、一人で歩き出すための時間でもあります。 集団的な支配から脱した新しい可能性をもって何かを始めるのは、それを求める人間の意欲に依存し、そして持っている価値の尺度に依存します。二人の作品は、そういう人へのあたたかいエールのようです。それは先人がつけた道筋に沿って、無理に他人を高い理想にひっぱるのではなく、集団の中での人間の適応が持続し、習慣的になっている現代に対する働きかけのようです。しかるに、それは目的のための言葉ではなく、哲学に近い問いです。本展は詩と日本画の展示です。

●日時/2020年8月13日(木)~12月20日(日)開館日は木~日。
●場所/札幌市豊平区旭町1丁目1-36
●その他/入場料一般500円、小学生未満無料、障がい者手帳をお持ちの方300円(その介護者1名を含む)。
●お問合せ/北武記念絵画館 
メール kaigakan@hokubu-kinen.or.jp
TEL:011-822-0306

後援 札幌市・札幌市教育委員会
(2020年7月10日最終更新)

  • 活動曜日     活動時間帯  午前 午後(17:00まで)
  • 活動場所    
  • 交通機関
    駐車場5台分あり
    東豊線「学園前駅」1番出口より徒歩5分
    南北線「中島公園駅」1番出口より徒歩10分
  • 参加費用
    入場料一般500円、小学生未満無料、障がい者手帳をお持ちの方300円(その介護者1名を含む)。
  • 謝礼
  • 連絡先:
    〔その他〕北武記念絵画館
    メール kaigakanhokubu-kinen.or.jp
    TEL:011-822-0306 
    062-0911 北海道札幌市豊平区旭町1丁目1-36
    ホームページ http://www.hokubu-kinen.or.jp/
孤独死防止サービスお独り様会 独身者の出会いとイベント

ハンド・フットケア一日講座~ヒーリングケアスクール札幌

登録ヘルパー募集~NPO法人せせらぎ

老人ホームの有償ボランティア募集~誘喜

孤独死防止サービス~電話で簡単、安否確認

お独り様会 独身者の出会いとイベント

  

[以上広告]

熱中症予防 声かけプロジェクト

 

 バナー広告募集中

 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET