北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクNPO法人ボラナビの法人概要ボラナビボランティア募集

携帯・スマートフォンからも
簡単登録!
ボラナビ・アラート

ボラナビ・アラート登録画面へのQRコード

このサイトにおけるボランティア情報検索モジュールの開発は、競艇の売り上げ交付金による2008年度日本財団の助成によって実施しました。

 



令和2年度 北海道社会福祉総合基金一般公募助成事業

本助成事業は北海道社会福祉総合基金を構成する北海道社会福祉基金、丸井今井福祉基金、前田社会
福祉基金、HBC社会福祉基金により、先駆的・実践的な児童福祉、障がい児者福祉、高齢者福祉、地
域福祉の各分野に関する活動への助成を行うことにより、本道の社会福祉に関する諸活動を支援し、そ
の一層の振興に貢献することを目的として実施するものである。
2 助成対象
原則として次のいずれにも該当するものとする。
(1)道内の民間団体、組織(法人格の有無は問わない)であること。
(2)助成を申請する事業に対して、公的な助成(補助金等)を得られないこと。
(3)過去に同一内容の事業で助成を受けていないこと。
3 助成内容
(1)助成総額
700万円以内(単年助成・2か年助成の総額)
※2か年度の指定であっても、年度ごとに予算作成をして、その都度決算が必要。
(2)助成事業(助成額)
①児童福祉推進活動助成(単年30万円以内、2カ年60万円以内〔単年30万円以内×2か年〕)
・児童・青少年の健全育成や子育てに関する支援活動等に対して助成を行う。
②障がい児者福祉推進活動助成(単年30万円以内、2カ年60万円以内〔単年30万円以内×2か年〕)
・障がい児者の自立や社会参加の促進を図るための活動等に対して助成を行う。
③高齢者福祉推進活動助成(単年30万円以内、2カ年60万円以内〔単年30万円以内×2か年〕)
・在宅の高齢者及びその家族の福祉増進を図るための活動等に対して助成を行う。
④地域福祉推進活動助成(単年50万円以内、2カ年100万円以内〔単年50万円以内×2か年〕)
・上記①から③にとらわれず、地域において社会的課題に先駆的・横断的な視点で対応していく活動等に対
して助成を行う。
(3)助成対象となる期間
①単年助成の事業は、令和2年6月1日から令和3年3月31日までに実施・完了すること。
②2か年助成の事業は、令和2年6月1日から令和4年3月31日までに実施・完了すること。
4 申請について
(1)申請書類
①様式1(押印した紙媒体により提出)
②様式2(電子媒体〔CD-R 等〕により提出)
③パンフレット(※団体にて作成している場合)
④その他
※様式1・2については、本会ホームページよりダウンロードし、記入すること。
※様式2については、別紙「申請書記入要領」を参考に記入すること。

(2)申請締切日
下記事務局宛、令和2年4月10日(金)(当日消印有効)までに提出してください。
5 選考基準
本会にて助成決定を行う際、下記の点を選考基準とする。
(1)道内において類似の実践例がない先駆的、実験的な事業を優先する。
(※団体の定例的な事業への助成は対象外とする)
(2)過去3年間に本基金による助成を受けていない団体を優先する。
(3)他の助成等対象となっていない団体を優先する。
(4)研修事業等については、幅広い関係者を参加対象とするものを優先する。
(5)2か年助成の場合、1年目の内容をベースにより充実度が高いものを優先する。(1年目と同内容は不可)

・国が今後の福祉改革を貫く基本コンセプトとする「地域共生社会」の実現に資する事業に先駆的に取り組
む場合は、優先的に助成する。
-地域共生社会とは-
制度・分野ごとの『縦割り』や「支え手」「受け手」という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が
参画し、人と人、人と資源が世代や分野を超えつながることで、住民一人ひとりの暮らしと生きがい、地
域をともに創っていく社会を目指すもの。(※厚生労働省HP より抜粋)


6 助成の決定
北海道社会福祉総合基金運営委員会において選考のうえ、助成の可否を決定し、5月末日までに申請
者に通知する。
7 助成金の交付
助成金の交付については、助成決定後、原則概算払いとし指定口座へ交付する。
8 その他
(1)事業実施にあたり、「北海道社会福祉総合基金」の助成事業である旨を印刷物等に明記すること。
(2)助成事業完了後、実施結果並びに助成金の使途内容(領収書添付)について報告書(別途指定)を
提出すること。
(3)提出された申請書類に事実と異なる記載があった際は、助成金交付後においても返還を求める場合
がある。
9 申請書送付先・事務局
〒060-0002
札幌市中央区北2条西7丁目1番地 かでる2・7 3階
社会福祉法人北海道社会福祉協議会企画総務部企画総務課(担当:山崎)
TEL 011-241-3976 FAX 011-251-3971
http://www.dosyakyo.or.jp/(助成申請書様式をダウンロードできます。)

(2020年2月28日最終更新)

  • 活動曜日     活動時間帯  午前 午後(17:00まで)
  • 活動場所    
  • 交通機関
  • 参加費用
  • 謝礼
  • 連絡先:
    〔社会福祉法人〕北海道社会福祉協議会
    TEL:011-241-3976 FAX:011-251-3971 
    060-0002 北海道札幌市中央区北2条西7丁目1番地 かでる2・7 3階
    ホームページ http://www.dosyakyo.or.jp/
孤独死防止サービスお独り様会 独身者の出会いとイベント

相談員募集~社会福祉法人北海道いのちの電話

ハンド・フットケア講座教室~ヒーリングケアスクール札幌

登録ヘルパー募集~NPO法人せせらぎ

孤独死防止サービス~電話で簡単、安否確認

お独り様会 独身者の出会いとイベント

  

[以上広告]

熱中症予防 声かけプロジェクト

 

 バナー広告募集中

 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET