北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクNPO法人ボラナビの法人概要ボラナビボランティア募集

携帯・スマートフォンからも
簡単登録!
ボラナビ・アラート

ボラナビ・アラート登録画面へのQRコード

このサイトにおけるボランティア情報検索モジュールの開発は、競艇の売り上げ交付金による2008年度日本財団の助成によって実施しました。

 



南三陸町の震災前後12年を凝縮したドキュメンタリー3作品自主上映会募集

上映してくださる方を募集しています。

[1]『波伝谷に生きる人びと』(劇場公開映画)
舞台は震災前の南三陸。光と陰の両面を持ちながらも、この土地に根差し、生きてきた人びとの営み。
世界で唯一、震災までの3年間の日常を描いたドキュメンタリー。
◇公式サイト:https://hadenyaniikiru.wixsite.com/peacetree

[2]『願いと揺らぎ』(劇場公開映画)
震災が生んだひずみを乗り越え、土地とともに生きていく。
被災地における伝統行事復活を通して地域再生を願う人びとの、復興への苦難の道のりを描く。
◇公式サイト:https://negaitoyuragi.wixsite.com/peacetree

[3]『春祈祷~南三陸町波伝谷の行事~』(資料編)
上記2作品の中で象徴的に描かれている、地域の伝統行事継承の姿を克明に記録した作品。

震災後に被災地に入り、ドキュメンタリーを作った映像作家はたくさんいますが、
我妻監督は震災前の2005年3月から波伝谷に通い続け、
地域の方々にお世話になりながら映画制作を続けてきました。
震災時には監督自身も現地で被災しましたが、
地域の方々の暮らしを丹念に見つめ続けてきた監督によって作られたこれらの3作品は、
震災によって失われたもの、失われずに残ったものが何だったのかを伝える稀有な作品群であると同時に、
全国で危機に晒されている地域コミュニティのあり方や郷土芸能のあり方を考える上でも
非常に重要な意味を持つものと思います。
それは災害が非日常ではなくなった今だからこそ、より多くの人に必要とされているものとも感じております。

つきましては、これら3作品の上映会を開いてくださる方を随時募集しております。
映画はそれぞれ作品として独立しており、単体で上映していただいても理解できる内容となっておりますが、
3つ合わせることでより深く、震災前後の地域の暮らしや人びとの心の変化が読み取れるのではないかと思います。
上映料などの詳細はピーストゥリー・プロダクツの公式サイトの「上映依頼」のページをご参照いただけますと幸いです。

■ピーストゥリー・プロダクツ公式サイト
https://peacetreeproducts2.wixsite.com/mysite


また、映画の上映とは別に、我妻監督による講演会
を開催してくださる方も随時募集しております。


【講演テーマ】「震災を経ても土地に生きる~南三陸町波伝谷、12年間の映像記録を通して~」

南三陸町を軸に、沿岸部の震災前のくらしや震災後の復興への苦難の道のりについて写真や動画を観ながらお話しします。
90分程度のセミナーなどで開催するのが最適で、映画の上映が無くても理解できる内容となっております。
※詳細は上記ピーストゥリー・プロダクツ公式サイトの「講演依頼」のページをご参照ください。

○お問合せ/メール peacetree_products@yahoo.co.jp

(2020年2月19日入稿)

孤独死防止サービスお独り様会 独身者の出会いとイベント

ハンド・フットケア一日講座~ヒーリングケアスクール札幌

登録ヘルパー募集~NPO法人せせらぎ

老人ホームの有償ボランティア募集~誘喜

孤独死防止サービス~電話で簡単、安否確認

お独り様会 独身者の出会いとイベント

  

[以上広告]

熱中症予防 声かけプロジェクト

 

 バナー広告募集中

 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET