北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクNPO法人ボラナビの法人概要ボラナビボランティア募集

携帯・スマートフォンからも
簡単登録!
ボラナビ・アラート

ボラナビ・アラート登録画面へのQRコード

このサイトにおけるボランティア情報検索モジュールの開発は、競艇の売り上げ交付金による2008年度日本財団の助成によって実施しました。

 



自立援助ホーム開設プロジェクト

当別町において15歳から20歳の女子を対象として定員6名で自立援助ホームを運営して6年半経ちました。
安全で安心して暮らせる生活の場を提供し、生活習慣の確立と個性に合わせた就労支援をして、また余暇活動にも力を入れ、自立を支援しています。このⅯaAyaの家に入居してくる子どもの成育歴は年々酷くなる一方のように思います。少子化の現在にもかかわらず、虐待が増加し、家庭での育ちを拒まれ社会的に養護を必要とする子どもが増加していて自立援助ホームの増加が望まれています。
また当別のMaAyaの家の子どもの就労先が札幌というケースも多く、通勤の不自由さから、支援の途中でも退居する子どもがいたり、20歳未満の場合、保証人となってくれる親族がいなくアパートを借りる困難さも痛感してきたことから、札幌においても自立援助ホームを開設することに決定しました。
ようやく自立の目途が立ち、退所したものの仕事を辞めた途端に家も仕事もお金もないホームレス状態で戻ってきた子どもの受け入れ先としてももう一つホームを設立することに決めました。

2019年10月を目途に新たに開設する「自立援助ホームMaAyaの家さっぽろ」(仮称)の環境整備をして、入居してくる子どもたちが、安心安全に暮らせ、清潔で明るい 暮らしの場を作ります。
場所は札幌市東区にあるアパートです。その2部屋を1つにする改修工事を行い自立援助ホームとする予定です。
ホームに来る子どもの多くは被虐待の子どもであり、ネグレクトされた子どもたちです。
人間不信を抱えた子どもたちにとっては、やる気がなくても、意欲的になれなくても在りのままの自分を無条件で受け入れてくれる大人に出会うことが大切です。失敗したり誤った体験しながら成長していくことが保障され、見守っている大人が常にいる場が必要です。
ホームが出来れば困難な中に生きている子どもたち一人ひとりが癒され援助が受けられる新しい場ときっとなります。

改修工事費用に450万円、備品購入に150万円という多額の費用がかかります。法人として経済基盤がぜい弱な私たちとしてはクラウドファンディングでプロジェクトとして寄付を募る事にしました。目標額は100万円です。サイトのURLはこちらです。

https://readyfor.jp/projects/27625

9月の初めには公開する予定が不慣れなためこんなに遅くになってしまいました。是非お知り合いや友人のかたにも広めていただき、気持ちだけでも寄付をお願いしたいと思っております。
是非ご協力をお願い致します。
ネットを通しての送金は慣れていないという方は
下記口座でも寄付を受け付けておりますので、是非是非どうぞよろしくお願い致します。

ゆうちょ銀行
店名 九〇八(読み キュウゼロハチ店)
店番 908 
普通預金
口座番号  4538282
口座名義  トクヒ)コドモノジリツヲシエンスルカイモンラヴィ


特定非営利活動法人子どもの自立を支援する会 モンラヴィ
自立援助ホーム MaAyaの家
施設長 出村 留里子
〒061-0231
石狩郡当別町六軒町72-63
電話FAX 0133-27-6117
MAIL demura@monlavie.jp
URL http://www.monlavie.jp

(2019年9月21日最終更新)

  • 活動曜日     活動時間帯  午前 午後(17:00まで)
  • 活動場所    石狩郡当別町六軒町72-63
  • 交通機関
  • 参加費用
  • 謝礼
  • 連絡先:
    〔NPO法人〕子どもの自立を支援する会 モンラヴィ
    メール demuramonlavie.jp
    TEL:0133-27-6117 FAX:0133-27-6117 
    061-0231 北海道石狩郡当別町六軒町72-63
    ホームページ http://www.monlavie.jp
孤独死防止サービスお独り様会 独身者の出会いとイベント
 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET