北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクNPO法人ボラナビの法人概要ボラナビボランティア募集

携帯・スマートフォンからも
簡単登録!
ボラナビ・アラート

ボラナビ・アラート登録画面へのQRコード

このサイトにおけるボランティア情報検索モジュールの開発は、競艇の売り上げ交付金による2008年度日本財団の助成によって実施しました。

 



社会的インパクト・マネジメント・セミナー~事業評価活用編in旭川

この情報は活動期間が終了しています

課題解決や新しい価値の創造のために、行政・企業・NPOなどがそれぞれの枠を越え、より良い社会の実現に向けて取り組みを進めています。この動きのひとつとして、事業・活動の成果として得られる『社会的な価値=社会的インパクト』を、「社会的インパクト・マネジメント」という共通の枠組みを用いて大きくする動きが始まっています。

多機関の協働において、活動の『価値』はどのように共有し、活かされるのか。
市民活動の社会的価値、評価の活用方法、事業づくり(マネジメント)への活用方法など、基本的な考え方や事例を交え解説します。

講師:伊藤 健 氏
   ソーシャルバリュージャパン代表/社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ事務局
http://socialvaluejp.org/

日時:2019年10月4日(金) 18:30~20:30
場所:旭川市市民活動交流センター CoCoDe 会議・研修室2
(旭川市宮前1条3丁目3-30)
対 象:NPOの方、地域で市民活動等をしている方、中間支援団体の方、行政の方など
参加費:1,000円(定員30名)
☆ 終了後、講師を囲んでの懇親会を開催します(希望者のみ)

申込締切:9月27日(金)


<講師プロフィール>
◇伊藤 健(いとうけん)
NPO法人ソーシャルバリュージャパン 代表理事
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任講師
卒業後、日系メーカー勤務を経て、米国Thunderbird Global School of Management にて経営学修士課程を修了後、GE Internationalに入社。シックス・シグマ手法を使った業務改善や、コーポレート・ファイナンス部門で企業買収後の事業統合等を行う。2008年GE社を退職、NPO法人ISL社会イノベーションセンターを経て、2010年より慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任助教。2016年より特任講師。
主に社会的インパクト評価を中心に研究し、2014年-2015年には、G8社会的インパクト投資タスクフォース日本諮問委員会の事務局、2015年経済産業省「ヘルスケア分野におけるソーシャル・インパクト・ボンドに関する検討会」委員長、内閣府「共助社会づくり懇談会 社会的インパクト評価検討WG」委員会主査、2016年には内閣府「社会的インパクト評価の普及促進に係る調査」有識者委員を務めるなど、日本の社会的インパクト評価、ソーシャル・インパクト・ボンド、社会的投資の普及促進に尽力している。


◆主催・事務局:認定NPO法人北海道NPOファンド(担当:高山)
 メール npofund@npo-hokkaido.org  TEL:011-200-0973  FAX:011-200-0974
 〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74市民活動プラザ星園201
◆共催:社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)
◆協力:一般財団法人社会的投資推進財団

<参考サイト>
社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ
http://www.impactmeasurement.jp/

社会的インパクト志向原則
http://www.impactmeasurement.jp/wp/wp-content/themes/impact/pdf/SIMI_Impact%20Oriented%20Principle.pdf

社会的インパクト・マネジメントフレームワーク Ver. 1.1が公開されました
http://www.impactmeasurement.jp/news/impact-management-framework-ver1-1/

概説「インパクト・マネジメント・サイクルにおける4つのステージ」を公開しました
http://www.impactmeasurement.jp/news/impact-management-cycle-outline/

(2019年8月24日最終更新)

孤独死防止サービスお独り様会 独身者の出会いとイベント
 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET