北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス

携帯・スマートフォンからも
簡単登録!
ボラナビ・アラート

ボラナビ・アラート登録画面へのQRコード

このサイトにおけるボランティア情報検索モジュールの開発は、競艇の売り上げ交付金による2008年度日本財団の助成によって実施しました。

 



水から考える環境のこれから

この情報は活動期間が終了しています

国立環境研究所では毎年6月の環境月間にあわせて、最新の研究成果を広く一般の方々にお伝えするために公開シンポジウムを開催しています。
本年は6月15日に兵庫県神戸市(神戸新聞 松方ホール)で、6月22日に東京都港区(メルパルクホール)で「水から考える環境のこれから」をテーマに開催いたします。環境問題にご関心のある皆様のご参加を心からお待ちしています。
参加費は無料です。

神戸会場 2018年6月15日(金)11:45~17:30 神戸新聞 松方ホール
東京会場 2018年6月22日(金)11:45~17:30 メルパルクホール

<プログラム>
①地球温暖化と「水」
地球環境研究センター 塩竈 秀夫
②遥かな尾瀬の水環境史 -湿原環境モニタリングと将来-
生物・生態系環境研究センター 野原 精一
③うみは宝もの -海底鉱物資源開発と海洋環境保全の両立に向けた取り組み-
地域環境研究センター 越川 海

④バイオエコ技術を活用した流域水環境修復とその新しい展開
資源循環・廃棄物研究センター 徐 開欽
⑤生きものが棲める水を還そう -生物応答を用いた水環境管理-
環境リスク・健康研究センター 渡部 春奈
閉会挨拶
国立環境研究所理事 原澤 英夫



次のいずれかの方法によりお申し込みください。なお、参加費は無料です。
(1)「公開シンポジウム2018」公式ホームページ

http://www.nies.go.jp/event/sympo/2018/index.html

上記アドレスにアクセスしてお申し込みください。登録完了メールがお手元に届きますので、登録完了メールを印刷の上、シンポジウム当日に受付までお持ちください。
(2)ハガキ・FAX

氏名、連絡先住所、電話番号・FAX番号・E-mailアドレス、参加希望会場を明記の上、下記登録事務局宛にハガキまたはFAXにてお申し込みください。
E-mailアドレスをご記入いただいた場合はE-mailにて、ご記入いただいていない場合はFAXにて、どちらにも該当しない場合は郵送にて、後日「参加証」をお送りしますので、シンポジウム当日に受付までお持ちください。

※ 会場の準備のため、なるべく事前にお申し込みください。
※ 当シンポジウムの会場風景は、記録用にビデオ編集され、後日、国立環境研究所のホームページに掲載される予定です。

5.問い合わせ先

国立環境研究所公開シンポジウム2018 登録事務局(株式会社ステージ内)
〒171-0042 東京都豊島区高松1-1-11
TEL:03-3554-5163 FAX:03-5966-5773
メール info_nies2018@stage.ac

(2018年5月19日送付手紙より入稿)

  • 活動曜日    活動時間帯  午後(17:00まで)
  • 活動場所  神戸、東京  
  • 交通機関
  • 参加費用
    無料
  • 謝礼
  • 連絡先:
    〔国立研究開発法人〕国立環境研究所  <担当 国立環境研究所公開シンポジウム2018登録事務局>
    メール info_nies2018stage.ac
    TEL:03-3554-5163 FAX:03-5966-5773 
    171-0042 東京都豊島区高松1-1-11(株式会社ステージ内)
    ホームページ http://www.nies.go.jp/event/sympo/2018/index.html
日本一質の高いスーパーマーケットを目指します LUCKY持続可能なソリューションへ~株式会社 プリプレス・センター
日本一質の高いスーパーマーケットを目指します LUCKY持続可能なソリューションへ~株式会社 プリプレス・センター

お独り様会~独身者の緩やかなつながり

登録ヘルパー募集~NPO法人せせらぎ

ハンド・フットケア講座教室~ヒーリングケアスクール札幌

20代からシニアまで参加されてます。お独り様会体験交流会

  

[以上広告]

熱中症予防 声かけプロジェクト

 

 バナー広告募集中

 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET