北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクNPO法人ボラナビの法人概要ボラナビボランティア募集
出張芸ボランティア北海道お茶の間めぐりセルフヘルプの輪へのリンクお古つながるプロジェクトへのリンク災害ボランティア
トップ  >  新聞掲載記事・沿革・事業報告など  >  新聞などでの紹介記事  >  2007年3月1日<悩める人に癒やし好評 ボラナビカフェ1周年>北海道新聞朝刊

<悩める人に癒やし好評 ボラナビカフェ1周年>

2007年3月1日<悩める人に癒やし好評 ボラナビカフェ1周年>北海道新聞朝刊

 ボランティア情報誌「ボラナビ」を発行する札幌のNPO法人ボラナビ倶楽部(森田麻美子代表)が昨年3月から毎月1回開いている「ボラナビカフェ」が、1周年を迎えた。ボランティア同士が情報交換するだけでなく、見知らぬ同士が個人的な悩みを話すなど「癒やし」の場でもある。要望に応え、3月からは回数を大幅に増やして実施する。(松本悌一)

 カフェは同法人の事務所(中央区北5西6、札幌ビル3階)で開かれており、毎回主婦や定年退職者、公務員、障害者ら8人程度が参加。ボランティアの経験にかかわらず、これまでに約50人が参加した。森田代表の司会で参加者が自己紹介した後、約1時間半にわたってさまざまなテーマで話し合う。

 2月中旬に開かれたカフェには男女6人が参加した。「現在、心の病で休職中」と初めて参加した女性(25)に、ほかの参加者が「休職で得たせっかくの時間だから本を読んでは」などとアドバイス。この女性は「とても有意義だった」と晴れやかな顔で会場を後にした。

 森田代表は「『他人にこんなことをしてあげたい』と思う気持ちがボランティアの第一歩。カフェで困った人に助言するのも、立派なボランティアだと思う」と話している。

 同法人は3月だけで6回のカフェを企画。好評なら今後も回数を多くする考えだ。3月は3、19、24、31日に同法人事務所で開催し、4、11日は道立市民活動促進センター(中央区北3西7、道庁別館西棟)で。開始はいずれも午後1時。参加料は1,000円で事前申し込みが必要。ボラナビ倶楽部 011-242-2042へ。

(2007年3月1日 北海道新聞朝刊札幌圏部)

プリンタ用画面
前
2007年7月11日<NPOとボランティア橋渡し 「問題意識喚起へ入り口に情報誌」>日本経済新聞
カテゴリートップ
新聞などでの紹介記事
次
2006年12月北海道応援メッセージ <ボランティアをもっと身近に、気軽に>北海道新聞「道新ポケットブック」

お独り様会って?北海道のお独り様会東京のお独り様会結婚紹介所との違い

孤独死防止サービス

日本一質の高いスーパーマーケットを目指します LUCKY持続可能なソリューションへ~株式会社 プリプレス・センター

お独り様会~独身者の緩やかなつながり

「よんななクラブ」地方新聞社のショッピングサイト

登録ヘルパー・常勤スタッフ募集~NPO法人せせらぎ

ハンド・フットケア講座教室~ヒーリングケアスクール札幌

電話相談室「ちいサポ」

20代からシニアまで参加されてます。お独り様会体験交流会

  

[以上広告]

熱中症予防 声かけプロジェクト

 

 バナー広告募集中

 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET