北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクNPO法人ボラナビの法人概要ボラナビボランティア募集
出張芸ボランティア北海道お茶の間めぐりセルフヘルプの輪へのリンクお古つながるプロジェクトへのリンク災害ボランティア
トップ  >  新聞掲載記事・沿革・事業報告など  >  新聞などでの紹介記事  >  2011年12月<合同事業説明会:「お独り様」の葬儀、相談を 札幌の2NPO、24日に>毎日新聞

毎日新聞記事の画像。合同事業説明会:「お独り様」の葬儀、相談を 札幌の2NPO、24日に

合同事業説明会:「お独り様」の葬儀、相談を 札幌の2NPO、24日に /北海道

「自分が死んだら誰が葬式を出してくれるのか」といった独身者たちの疑問や不安に答えようと、札幌の二つのNPO法人が24日、合同で事業の説明会を開く。晩婚や非婚、離婚が増えており、同じ悩みを持つ人たちの参加を呼びかけている。 主催は、葬儀・遺品整理などを事前契約する事業を始めたNPO法人「葬送を考える市民の会」(札幌市、沢知里代表)と、独身者交流サークル「お独り様会」を企画している「ボラナビ倶楽部」(同、森田麻美子代表)。 お独り様会は会報に投稿して意見交換するほか、懇親会などで交流している。会員は半年余りで270人にまで増えたが、葬儀や墓、遺品整理への関心が高く、森田代表が沢代表に合同説明会の開催を提案した。 孤独死した人に身寄りがない場合は自治体が火葬し、遺品整理なども行うが、死後にかかった費用の請求が親類に来る場合がある。 説明会に参加する男性(60代)は「1人で死んだときに周囲に迷惑がかからないような生き方をしたい」と話す。 森田代表は「伴侶との死別などで誰もが孤立する可能性があるので関心を持って」と呼びかけている。 説明会は24日午後1時半から、札幌市中央区北2西7の「かでる2・7」702号室で。定員60人。参加費1000円。締め切りは22日。 詳細は市民の会(011・261・6698)か、ボラナビ倶楽部のホームページ(http://www.npohokkaido.jp/volunavi/)へ。【鈴木勝一】

(2011年12月 毎日新聞朝刊)

プリンタ用画面
前
2012年2月19日<お独り様会>北海道新聞
カテゴリートップ
新聞などでの紹介記事
次
2011年10月17日<ボラナビなど10団体を表彰~道新奨励賞>北海道新聞

お独り様会って?北海道のお独り様会東京のお独り様会結婚紹介所との違い

孤独死防止サービス

日本一質の高いスーパーマーケットを目指します LUCKY持続可能なソリューションへ~株式会社 プリプレス・センター

お独り様会~独身者の緩やかなつながり

「よんななクラブ」地方新聞社のショッピングサイト

登録ヘルパー・常勤スタッフ募集~NPO法人せせらぎ

ハンド・フットケア講座教室~ヒーリングケアスクール札幌

電話相談室「ちいサポ」

20代からシニアまで参加されてます。お独り様会体験交流会

  

[以上広告]

熱中症予防 声かけプロジェクト

 

 バナー広告募集中

 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET