北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクNPO法人ボラナビの法人概要ボラナビボランティア募集
出張芸ボランティア北海道お茶の間めぐりセルフヘルプの輪へのリンクお古つながるプロジェクトへのリンク災害ボランティア
トップ  >  新聞掲載記事・沿革・事業報告など  >  新聞などでの紹介記事  >  2001年9月20日<米国に届け連帯の心>北海道新聞社説

 <米国に届け連帯の心>

 札幌を中心にボランティアと地域活動に取り組む民間非営利団体(NPO)の「ボラナビ倶楽部」が、米国中枢同時テロの被害者に向け、義援金の募集を始めた。日本政府がまだ対応を決めていなかった段階で、市民レベルの素早い動きとして、率直に評価したい。

 米国はウサマ・ビンラディン氏を黒幕と断定し、拠点を置くアフガニスタンへの軍事報復を急いでいる。一般市民の巻き添えは必至だ。ボラナビの内部議論では「救援の対象は米国だけでいいのか」との疑問も出た。

 だが「米国の軍事報復を応援するのではない。支援の対象はあくまで民間人」との一点でまとまったという。報復攻撃が始まり、アフガンなどで一般人に被害が発生すれば、そちらにも義援金を募る考えだ。

 森田麻美子代表は「軍事報復も自衛隊の出動も、絶対に反対」と思いを語りつつ「民間人が被害に遭ったことが問題なのです」と説明する。

 現在のところ、義援金を募る民間の動きは熊本市のNPOと福岡市の銃犯罪反対組織などにある。 日赤、救世軍なども取り組みを始めた。

 憎むべきテロで倒れ傷ついた被害者のため「傍観せず何かをしたい」と考える人は多いのではないか。だが、地球半周を隔てた日本で、市民に出来ることは何だろう。考えてみれば、その選択肢は意外に狭い。

 現地での救援活動には米国側の要請がない。アジア医師連絡協議会(AMDA)や日本レスキュー協会などは、そのために出動を見送った。日本人学校の児童生徒の心のケアでは、文部科学省が道都大の小沢康司講師を派遣した。

 結局、市民に残る方法は「テロに負けないで」とのメッセージにたどり着く。募金ならば、手紙を送る相手のいない人、英語の苦手な人も、気持ちを託すことはできる。

 募金という形を「日本人的」と言ってしまえばそれまでだ。資金援助の必要性にも疑問の声はあろう。だが、何もしなければ連帯は生まれない。テロによる死傷者は米国人だけではないことも考えたい。5,600人を超える死者・行方不明者の国籍は、62ヵ国・地域に及ぶという。

  募金は、ボラナビの「ねっとぼ金」で扱っている。メールで申し込んで払込用紙の郵送を受け、コンビニに振り込めばよい。500円から99万9,999円まで。もっと多額の場合は分散して受け付ける。

 米国は日本に自衛隊派遣を求めている。日本国憲法が禁ずる集団的自衛権の絡みで、政府の苦慮は続く。  市民の活動は政府とは別だ。それぞれが信ずる方法で連帯の手を差し伸べること、その心を伝えることが、草の根友好には大切ではないか。

(2001年9月20日 北海道新聞社説)

プリンタ用画面
前
2001年10月13日<初心者にボランティアの「場」提供〜「よくばり体験」好評>北海道新聞朝刊
カテゴリートップ
新聞などでの紹介記事
次
2001年7月15日<行政と市民団体 「協働」する社会を>北海道新聞朝刊

お独り様会って?北海道のお独り様会東京のお独り様会結婚紹介所との違い

孤独死防止サービス

日本一質の高いスーパーマーケットを目指します LUCKY持続可能なソリューションへ~株式会社 プリプレス・センター

お独り様会~独身者の緩やかなつながり

「よんななクラブ」地方新聞社のショッピングサイト

登録ヘルパー・常勤スタッフ募集~NPO法人せせらぎ

ハンド・フットケア講座教室~ヒーリングケアスクール札幌

電話相談室「ちいサポ」

20代からシニアまで参加されてます。お独り様会体験交流会

  

[以上広告]

熱中症予防 声かけプロジェクト

 

 バナー広告募集中

 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET