北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクNPO法人ボラナビの法人概要ボラナビボランティア募集
出張芸ボランティア北海道お茶の間めぐりセルフヘルプの輪へのリンクお古つながるプロジェクトへのリンク災害ボランティア
トップ  >  NPOな人  >  NPOな人 2007年度  >  大原裕介さん〜NPO法人当別町青少年活動センターゆうゆう24 事務局長

大原裕介(おおはらゆうすけ)

NPO 法人当別町青少年活動センターゆうゆう24 事務局長。北海道医療大学大学院修士課程終了後、NPO 法人当別町青少年活動センターゆうゆう24理事・事務局長として就任。出身地は札幌市。当別町在住の独身28歳。動物占いは夢想的なコアラ。

 彼との出会いが自分の人生を大きく変えた。

  ひとはひとによってしか変われない―― 恩師から教えてもらった言葉です。 自分が影響を受けた「ひと」との出会いのひとつに、大学3年の実習での出会いがあります。子どもが好きだからと大して考えもせずに選択した実習先は、児童福祉施設。障がい児が生活する施設ではありませんでしたが、担当した子どもの中に自閉症の男の子がいました。見慣れない僕を警戒する彼と、初めはほとんど触れ合う機会がありませんでしたが、日を追うごとにゆっくりと彼との距離が近づき、同時に彼の純粋さに心惹かれていきました。実習を終える頃に思わぬ感動がありました。ずっと表情を変えずにいた彼が、外で一緒に遊んでいるときに笑顔をみせてくれたのです。とっても素敵な笑顔でした。恥ずかしながら涙が出そうになりました。ひとの笑顔を見てここまで感動したのは初めてでした。

 彼との出会いが自分の人生を大きく変えました。「ひと」と真剣に向き合うことの素晴らしさや充実感を知り、もっともっと色々なひとと出会いたいと思うようになりました。実習後も施設に無理を言ってボランティアスタッフとして行事に参加したり、いろいろなボランティア活動に参加するようになったのです。

  ちょうどその頃、商店街の空き店舗に設置された北海道医療大学の学生ボランティアセンターでボランティアコーディネーターとして、センター内の喫茶店や雑貨販売の運営、まちの振興イベントの企画に携わることになりました。 僕は、今もなお地域のなかで多くのひとと出会い、たくさんの刺激を受けています。特に生きづらさを感じて悩んでいる人々に大きく心を動かされます。心を動かす出会いが実践の原動力となります。学生時代の活動の源も「ひととの出会い」であり、ボランティア活動の意義もここにあると信じて疑いません。

地域を創るということ

  ゆうゆう24は、様々な実践が学生ボランティアセンターとしての活動範囲を超えたことから、2005年にNPO 法人を取得しました。コーディネーターとして運営に携わってきた北海道医療大学の卒業生4名を含む職員10名と、大学生ボランティア約500名で、地域住民ヘルパーに登録し、障がい児者・高齢者・子育て支援をおこなっています。 「地域を創る」ことが、ゆうゆう24の大事な理念です。まちには気づかないだけで多くの困っている人がいます。そのことに見て見ぬ振りは出来ません。もっといろいろな人がこのことに気づき、知恵を出し合えばひとりでも多くの人が安心して過ごせるはず。そうした仕組みを創りやすいのが「地域」であり、その仕組みをまち全体で包み込んでいくようなまちづくりを進めたいと思っています。僕らの仕事やボランティア活動はまさしく、まちづくりであり地域づくりなのです。

 今年8月、財政破綻をした夕張で「ゆうばりまちづくりフォーラム」を実施しました。道内外から200名の参加者が集まり、まちづくり、地域づくりを実践されている全国各地の講師の方々と、今後のまちづくりの展望について知恵を出し合いました。夕張市の復興にささやかながら貢献したいとの思いから企画したのですが、夕張市のように人口の40%以上を高齢者が占めたり、財政が破綻することは、将来どこの市町村でも起こりえます。医療・福祉従事者やボランティア実践者が夕張市の破綻から何かを感じ、行動を起こすことが求められており、障がいのある人や高齢者の生活を支える地域福祉を推進する立場に身を置いているのであれば、この現状は軽視できないと思います。

 ゆうゆう24は今秋から夕張市にもボランティア活動の拠点を作ろうと計画しています。僕らにできることは限られているかもしれませんが、ささやかながら夕張の復興に貢献するため、当面は地域住民や行政・社会福祉協議会等の関係機関と連携しながら、住民の方々が安心して生活していくために何ができるのかをしっかりと把握していこうと考えています。新たな地で新たな実践を始めることで、きっと新たな「ひととの出会い」が生まれるはずです。この出会いを生むためにも「地域」にこだわり続けていきたいと思うわけです。 

こんなボランティアを募集しています

 当別町と江別市の自動デイサービスセンターでの支援補助(有償)や居宅介護事業ヘルパースタッフ(有償)、その他ボランティアスタッフを募集しております。事務局までご連絡ください。

-------------------------------------------------------------
NPO 法人当別町青少年活動センターゆうゆう24
〒061-0231 石狩郡当別町六軒町69番地11
TEL:0133-22-2896
FAX:0133-23-0811
yuyu 24@cup.ocn.ne.jp
http://www.yuyu24.com/
-------------------------------------------------------------
プリンタ用画面
前
今川民雄さん〜NPO法人チャイルドラインさっぽろ代表理事
カテゴリートップ
NPOな人 2007年度
次
笹村 一さん〜NPO法人リンカーンフォーラム北海道代表理事

お独り様会って?北海道のお独り様会東京のお独り様会結婚紹介所との違い

孤独死防止サービス

日本一質の高いスーパーマーケットを目指します LUCKY持続可能なソリューションへ~株式会社 プリプレス・センター

お独り様会~独身者の緩やかなつながり

「よんななクラブ」地方新聞社のショッピングサイト

登録ヘルパー・常勤スタッフ募集~NPO法人せせらぎ

ハンド・フットケア講座教室~ヒーリングケアスクール札幌

電話相談室「ちいサポ」

20代からシニアまで参加されてます。お独り様会体験交流会

  

[以上広告]

熱中症予防 声かけプロジェクト

 

 バナー広告募集中

 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET