北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクNPO法人ボラナビの法人概要ボラナビボランティア募集
出張芸ボランティア北海道お茶の間めぐりセルフヘルプの輪へのリンクお古つながるプロジェクトへのリンク災害ボランティア
トップ  >  NPOな人  >  NPOな人 2009年度  >  大熊久美子さん〜NPO法人北海道食の自給ネットワーク事務局長

大熊 久美子(おおくま くみこ)

大熊さんNPO法人北海道食の自給ネットワーク事務局長

1999年に北海道食の自給ネットワーク(2005年NPO 法人化)を設立し、事務局長として活動。北海道有機農業協同組合理事、北海道食育コーディネーターなども務める。札幌市在住。

始まりはママたちのサークル作りから

 食や農の活動に携わって、早いものでもうすぐ20年になります。今では仲間たちと当たり前の様にしている活動ですが、最初の一歩を踏み出したのは、現在は社会人となった娘が2歳の頃のことでした。当時女性は結婚すると専業主婦になることが一般的で、呼び名も「○○さんの奥さん」か「△△ちゃんのお母さん」が普通という時代。日々の子育てに追われ、社会から隔絶され、ご近所という狭い地域で生きている閉塞感を何となく感じていた時でした。同じ思いを持つ近所のママ友達と出会い、二人で小さなサークルを立ち上げたのが始まりです。

 それはママたちの学習サークルでした。子育て中の母親も社会問題を勉強しよう、ひとりで子育てをしないで仲間を作ろうと新聞で参加者を募集したところ、驚いたことに札幌市内全域からたくさんの申し込みがあったのです。そこには子連れでも学びたい、親子で友達作りをしたいというママたちの切実な思いがありました。私と友人は町内会館を会場に借り、集まったメンバー全員で会の運営方法を検討し、保育士さんを募集しました。自分たちで集めた会費から謝礼を用意し、会の趣旨を理解し協力してくれるプロに子どもたちの託児をお願いしたいと思ったからです。こうして毎週木曜日、子どもたちは楽しく遊び、母親たちは別室で学習するという、親子ともに通うことを心待ちにするサークルができました。当時私たちが学習したテーマは「食品添加物」か日高門別の漁師さんから、ホッケのさばき方を習う子 どもたち(2008年10月、「まるごと学ぼう‼ 食育講座 2008」)ら「日米地位協定」まで実にいろいろ。学習方法も自分たちで調べて発表したり、新聞に載った人にアタックして講師をお願いしたりとさまざまでした。僅かな交通費だけで快く来て下さった講師の方々に、私は今も尊敬と感謝の思いをいだいています。

 私たちは乾いたスポンジが水を吸うようにたくさんのことを学びました。そして仲間と活動する楽しさや自ら行動することで道は開けることなど、現在に繫がる活動の基本もこの時期に学んだように思います。

NPOの活動へ

 サークルはその後も元気に活動を続けましたが、子どもたちの成長やそれぞれの家庭の事情などからやがて解散となりました。その頃から私は生活クラブ生協で活動を始めるようになりました。添加物が入っていない食品や石けんが欲しくて加入した生協ですが、そこで行なわれている組合員活動に興味をひかれたからです。そのひとつに食料自給率と農業の問題がありました。

 1996年アクセスサッポロを会場に「食料自給率の向上」と「第一次産業の復権」をテーマにしたイベント『生命(いのち)のまつり』が開催されました。実行委員は有機農業や無添加食品の流通をしているポラン広場、らでいしゅぼ〜や、生活クラブ生協など。当時生活クラブ生協で理事をしていた私はまつりの実行委員長を務めることになりました。まつりは3年間行なわれ、この時の実行委員会メンバーが中心になって1999年、「北海道農業の活性化」と「食料自給力の向上」を目指す非営利の市民団体『北海道食の自給ネットワーク』(以下「自給ネット」)が誕生したのです。
最初の活動は生産地体験交流ツアーでした。厚田村(現・石狩市)で有機農業を営む長良幸(ちょうよしゆき)さんの畑へ貸し切りバスで行き、農業体験と交流をするという企画でした。会員だけではなく一般からも参加者を募集したところ、当時はまだ農業ツアーが珍しかったこともあり、たくさんの申し込みがありました。畑で作業しながら生産者と消費者が直接話し合うことで、お互いの距離が一気に縮まるのを感じました。こういった生産地での交流ツアーは現在も、自給ネットにとって欠かせない活動になっています。

岩見沢市のトラスト生産者の小麦畑にて (2008年7月、「小麦トラスト」) その後も2000年に大豆トラスト、2002年に小麦トラスト、2004年に食育講座と活動は広がっていきました。大豆トラストおよび小麦トラストは、毎日食べるにも関わらず自給率の低い大豆と小麦を取りあげることで、参加者に食料自給率向上の大切さや地産地消の意識を持ってもらうために。食育講座は、子どもたちに食の大切さや北海道農業の価値を伝えるために。そしてこれらの活動はすべて会員さんの力によって支えられてきました。大豆や小麦の生産者、パンや麺の加工メーカー、食育の講師、それぞれのプロジェクトスタッフや運営をする理事など、生産者、消費者、流通・加工業者の会員で構成される自給ネットだからできる活動だったかもしれません。30人からスタートした会員さんも現在220人。年齢、性別、自給ネットを設立して10年が経ち、会員数も活動も広がりました。でも私たちの基本にあるのは北海道の農業を支え、食を守りたいという、10年前と変わらない切実な思いです。そして誰かがやってくれるのを待つのではなく、自分から動こうという意志の力です。それは二十数年前、幼い子どもの手を引いて「学びたい、世界を広げたい」と集まってきたママたちの切実な思いと重なるものがあります。活動の原点とはそういうものかもしれません。

NPO法人北海道食の自給ネットワーク

札幌市東区北15条東18丁目2-17 ?ワードエム内
携帯:090-2818-5502 FAX:011-789-8890
E メール info@jikyuu.net  ホームページ http://jikyuu.net
プリンタ用画面
前
眞鍋千賀子さん〜NPO法人自立支援事業所ベトサダ代表理事
カテゴリートップ
NPOな人 2009年度
次
平田眞弓さん〜NPO法人楽しいモグラクラブ理事長

お独り様会って?北海道のお独り様会東京のお独り様会結婚紹介所との違い

孤独死防止サービス

日本一質の高いスーパーマーケットを目指します LUCKY持続可能なソリューションへ~株式会社 プリプレス・センター

お独り様会~独身者の緩やかなつながり

「よんななクラブ」地方新聞社のショッピングサイト

登録ヘルパー・常勤スタッフ募集~NPO法人せせらぎ

ハンド・フットケア講座教室~ヒーリングケアスクール札幌

電話相談室「ちいサポ」

20代からシニアまで参加されてます。お独り様会体験交流会

  

[以上広告]

熱中症予防 声かけプロジェクト

 

 バナー広告募集中

 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET