北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクボラナビ倶楽部の法人概要
出張芸ボランティア北海道お茶の間めぐりセルフヘルプの輪へのリンクお古つながるプロジェクトへのリンク災害ボランティア
トップ  >  NPOな人  >  NPOな人 2009年度  >  杉森洋子さん〜NPO法人札幌VO代表

杉森洋子(すぎもりようこ)

杉森さんNPO法人札幌VO代表

1952年黒松内町生まれ。宝塚歌劇団出身の祖母の影響で音楽と出会う。中学3年の転校を機に人生と向き合う貴重な体験をする。オリジナルテープ1本、CD3枚を製作。生涯メッセージアーティストでありたい。料理人の長男とホームページを制作を手がける長女の3人暮らし。

大自然から得たもの。そして都会へ…

 青い空、満天の星空、緑の山々、流れる川、私が生まれ育った黒松内は空気の綺麗な自然豊かな町でした。黒松内より更にひと山、奥に入った「中の川」が私の故郷です。バイクで子グマをはねたとか山菜採りに行って襲われたとか、とかくクマ話には事欠かない超ド田舎でしたが、どんな名画よりも美しい自然がありました。春は小川でカエルやイモリが卵を産み、野原いっぱいにタンポポの花が咲きました。夏の夜は、ヤツメウナギが産卵のため一つの穴に何十匹もがうごめき、秋になると山の木の実がたわわに実り、冬は山スキーに明け暮れる。春夏秋冬、朝から晩まで、兄弟4人はとにかく野山を駆け回り、自然の中で遊んで過ごしました。サイロでトウモロコシ踏みをしたり、カラサオで豆の莢(さや)むきをするなどの仕事も、遊びの一部でした。

 そんな田舎暮らしを満喫していた私に、突然、転校話が降って沸いたのは中学3年の春のこと。私は叔母と共に千葉県の柏市に住むことになりました。ド田舎から都会へ、複式クラスからマンモス校へ。たくさんの人に慣れることから学校生活は始まりました。教科書も学習進度も全く違う戸惑いの中、転校の翌日に行われた数学のテストは9点、そして一週間後の中間テストは学年ビリから3番目。廊下に張り出された結果に愕然となるとなる最悪のスタートでした。焦りと戸惑いは高校受験の日まで続き、合格発表の日、合否を見に行った先生が受験番号を見落とし、私に不合格を通知するというおまけ付きで幕を閉じました。「人生で最も辛かった1年間は?」と聞かれたら、私は迷いなく中学3年の時と答えるでしょう。何もできなかった一年間でしたが、13年間の田舎暮らしが良かったのか、何があっても結構元気で、「私には明るい未来ある」と勝手に思っていたかなりの能天気人間でした。努力と根性とは無縁の中学校生活。でも、今の私の原点はそこにあった、と今は思えます。

希望の種

 東京での商社勤務、出産を経て、子ども2人と共に札幌に転居しました。中学に入学した息子が「学校って何じゃ?」と違和感を感じる中、「新しい学校作り」の文字を新聞の片隅に見つけ、訪ねたのが、当時、北24条にあった「札幌自由が丘学園」でした。そこで手がけた自由が丘支援ライブや演劇製作が「何かを作る」を学んだ始まりでした。数年後に開設したフリースクールで私は表現科を受け持ち、子どもたちとの関わりがスタートしました。子どもたちに最高の笑顔を ―これが私の思いでした。最初の計画はオリジナルテープ作りと年に一回のライブでした。生徒みんなが書いた黒板いっぱいの詩は、10ヵ月後に、オリジナル曲「なかまたちの歌」となりました。みんなでスタジオに入り録音したところ、歌も演奏もとても下手でしたが大きな達成感がありました。そしてこの歌は、子どもたちのライブで必ずエンディングとして歌われました。

 1996年12月、私は約3年間お世話になった自由が丘を去り、札幌VO を設立しました。自由が丘での目標は「自分の名前を言える人間になろう」でしたが、VO はそこから更に発展し「責任を持って生きる人間になろう」をテーマに掲げました。社会において「必要である人間」を意識しました。教員資格者1人、情報処理技術者1人、そして私、とスタッフ3人のスタートでした。廃屋の修理とペンキ塗りから始まったVO は、たびたび起こる雨漏りにもめげず、日々楽器の音が鳴り響く、とても賑やかな場所となりました。翌年、NHK 青春メッセージの北海道代表となりました。オリジナルテープを毎年製作し、みんなで販売しました。呼ばれたライブは全部行きました。ライブ会場は、河川敷や公園、農園、福祉施設、
学校、病院、ホテル、倉庫などバラエティ豊か。様々なアクシデントにもめげずに歌いました。

子どもたちと音楽活動を楽しむ (筆者は左、2006年撮影) ビルの老朽化が進み、3年後に現在の場所に引っ越し、NPO 法人格を取得。「精神的・社会的自立」を一番に掲げ、働くプログラムを導入するなど、VO は新しいスタートを切りました。様々な企業や地域の方の協力を得ることができました。中でも、本郷通商店街のYOSAKOI警備の仕事は、青年たちの楽しみの一つとなっています。また「音楽でのまちおこし」も掲げ、地域のイベント参加や道南フリースクール巡り、中標津児童館巡りなど、地方ライブも数年間行いました。全ては自立を掲げたプログラムでした。そして昨年9月、青年たちの実習施設も兼ねたコミュニティカフェ「SAPA」をオープン。同時に、青年たちは地域興し新聞「ボ・ランチ」の発行を始め、現在菊水銀座商店街記録誌作りにも取り組んでいます。

 


NPO法人札幌VO
札幌市白石区菊水4条1丁目4-15 Eメール sugimori@sapporo-vo.com
TEL・FAX:011-821-6063 ホームページ http://www.sapporo-vo.com/

 


プリンタ用画面
前
平田眞弓さん〜NPO法人楽しいモグラクラブ理事長
カテゴリートップ
NPOな人 2009年度
次
横須賀邦子さん〜NPO法人アース・ウィンド代表

お独り様会独身者のココロウチ

お独り様交流会(体験参加可能)&無料説明会

2040交流会(20~40代の独身者限定)

◎弊社マスコミ紹介歴
(最新2016年9月5日北海道新聞)

オフ会の様子

◎お独り様会入会方法

ガールズ特典
20~34歳の女性は会費無料です。

日本一質の高いスーパーマーケットを目指します LUCKY持続可能なソリューションへ~株式会社 プリプレス・センター

お独り様会~独身者の緩やかなつながり

「よんななクラブ」地方新聞社のショッピングサイト

さっぽろ助け合いネットワーク~NPO法人さっぽろ福祉支援ネットあいなび

登録ヘルパー・常勤スタッフ募集~NPO法人せせらぎ

ハンド・フットケア講座教室~ヒーリングケアスクール札幌

2040交流会

 

[以上広告]

熱中症予防 声かけプロジェクト

 

 バナー広告募集中

 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET