48・96(よんぱー・くんろく)教室-札幌市中央区(掲載記事)

◆開催要項へ

●雰囲気

48・96教室の記念写真老人クラブの例会後の漫談で、ご婦人が「主人が徹夜で麻雀をやっていた。そんなに楽しいものなら覚えてみたい」とおっしゃったのをきっかけに希望者を募り、2006年にスタートした麻雀教室です。現在会員は68〜90歳の男性7人、女性11人で、おにぎり持参で集まり、ゲームを午前に2回、午後に3回楽しんでいます。毎月、前月分の対戦成績を公表し、皆で励ましあっています。また、毎年6月には定山渓温泉で2泊3日の研修旅行をおこなっています。日頃の成果をいかんなく発揮してもらうため、賞品付きの大会形式です(賞品は、優勝者から最下位者まで全員に渡ります)。

●メッセージ

「麻雀教室」という名称では社会福祉協議会に登録できないと言われて、急遽、今の名前にしました。会について、参加者からは「毎週待ち遠しい。家にこもっていた頃は、何の楽しみも無く、頭はじんじん、肩こりもして、もやもやが抜けきれず滅入っていたが、麻雀を始めてからはそれが一掃された。かかりつけ医から『麻雀は頭、目、耳、手先を使うので、老化及び認知症予防に優れた効果がある。大いに奨励する』と言われた」(81歳女性)というご意見をいただいています。麻雀を覚えたい方は、ぜひいらしてください。初心者も大歓迎で、見学可です。皆で楽しくゲームをしませんか。

 

◆開催要項

  1. 実施主体名: 48・96(よんぱー・くんろく)教室
  2. 主な定期開催日: 月4回(月曜) 10:00〜16:00 
  3. 会場: 東北会館 中央区北2条東2丁目
  4. 参加対象・申込方法: 60才以上で地域の住民
  5. 参加費: 月300円
  6. 問合せ先(担当者名)・連絡先: ヨンパークンロク教室 鈴木 
  7. 電話番号: 011-222-7449
  8. FAX番号: 
  9. Eメール: 
  10. ホームページ: 
  11. 情報確認: 2014年1月 月刊ボラナビ2011年8月号掲載記事