もみじ台地域交流サロン 地域の茶の間(2009年度掲載記事)-札幌市厚別区

◆開催要項へ

茶の間の様子●お茶の間について

 世代に関係なく誰もが気軽に立ち寄り、お茶を飲んだり、お菓子や漬物を食べたりしながら交流できる場です。おしゃべりをする方、囲碁や将棋、麻雀を楽しむ方など様々です。今後は手作り料理の昼食会も行なう予定です。
この場ができたきっかけは、自治会や学校関係者、ボランティア団体、企業など51団体で発足した「もみじ台まちづくり会議」の話し合いでした。08年4月からお茶の間をスタートさせたところ、地域の方々が1年間で延べ300人以上参加してくださいました。今年度に入ってから、参加者数はさらに増えています。

茶の間の様子●メッセージ

単身の女性高齢者が多く参加していて、笑い声が絶えない明るい雰囲気です。ある方は、「毎月1回のこの場を楽しみにしている。気軽に話せるし、友達もできた。知人を誘って参加することもある」と話しています。この度、希望の多かった血圧計を設置したところ、大変好評で利用していただいています。今後は、遠方の方や、障がいのある方、子育て中の方、若い世代の方もより気軽に参加できるように、開催場所も含め工
夫していきたいと考えています。多くの方のご参加をお待ちしております。

 

●はじめたきっかけ

地域の高齢化が急速に進んでいるもみじ台のまちづくりをどう進めていくかということで、地域の各種団体の代表が集まり話し合いました。その取り組みの一つで、お年寄りが気軽に集える憩いの場づくりをという提案があり、そこで地域の茶の間を開催することになりました。

●参加者の声

2008年2月、3月に試験的に実施した際にアンケートをしたところ、

など、好意的な意見が多くありました。この茶の間は地域では初めての試みでしたが、地域のニーズに合っていたようでした。

※2009年度月刊ボラナビ掲載記事です。掲載当時と開催要項が異なる場合がありますのでご了承ください。

◆開催要項

  1. 実施主体名: もみじ台まちづくり会議
  2. 主な定期開催日: 月1回(第1土曜) 10:00~15:00 ※4・5月は第2土曜日
  3. 会場: もみじ台管理センター娯楽室 厚別区もみじ台北7丁目1-1
  4. 参加対象・申込方法: もみじ台地区の居住者
  5. 参加費: 
  6. 問合せ先(担当者名)・連絡先: 
  7. 電話番号: 
  8. FAX番号: 
  9. Eメール: 
  10. ホームページ: http://www.sapporo-shakyo.or.jp/salon/detail/204.html
  11. 情報確認: 2017年9月