北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクNPO法人ボラナビの法人概要ボラナビボランティア募集
出張芸ボランティア北海道お茶の間めぐりセルフヘルプの輪へのリンクお古つながるプロジェクトへのリンク災害ボランティア

ボラナビカフェへようこそ

(NPO法人ボラナビ倶楽部 代表 森田 麻美子)

ボラナビカフェは、その時々によって人生相談室のようになったり、時事の意見交換会になったりする空間です。みんなで日頃から気になっている事や生き方、考えなどを聞き合います。

個人的なことですが私は小説を読むのが好きです。それは沢山の人々と出会うことができ、様々な場面における人の思いや反応をみることができるからです。登場 人物に親近感を覚えたり、新しい視点を発見したりできます。でも、現実は小説より奇なりと申しますように、現実の世界で生活している人の話はもっと複雑で 興味深いものです。逆に、自分の考えや人生について耳を傾けてもらうことはとても快いものです。

様々な人のことを知ることは、「自分を知 る」ことのキッカケになるのではないでしょうか。普段気が付かなかった自分の姿は、他人を知って初めて意識されることかもしれません。自分と全く同じ生き 方をしている人は自分以外には存在しません。自分と異なる職業、家庭環境、境遇、考えの人達と話をしたり意見を交わしたりすることで、普段意識していな かった視野の広がりが生まれると思います。

ボラナビカフェでは、ひとりだけが長く話したり、人の話を不当に否定したりすることがないよう に配慮します。もちろん話したくないことは話す必要はありません。単なる名刺交換やごあいさつ程度の交流では得られない濃い体験をしてみませんか? ぜ ひ、遊びにいらしてください。(2006年2月)

トップ  >  カフェの様子12年度  >  第141回「節電と節約」「穏やかな会話と時間の分かち合い」2012年7月14日
節電 節約 原発 若者の就職 教育 建設業

第141回2012年7月14日

節電と節約

2012年7月14日ボラナビカフェの様子7月14日のボラナビカフェは、リピーターの方を中心に16人で開催しました。この日は節電についての「原発停止中の節電は本当に必要なのか」という問題提起から始まりました。「電球を変えると、電気代が節約できた」「ライフスタイルを一から考え直してみるべきだ」「家電製品も新しいもののほうが節約になる」「特別なことはしていない」という意見がありました。また原発については、「北海道は東京より反対の声が小さいのでは」「80年代のチェルノブイリ原発事故を振り返ることも必要」という意見が出ました。この他、ボランティアについて、仕事で訪れた被災地で思ったこと、建設業について抱くイメージ、就職活動、悩んでいる人にどう接するか、学校教育の現状と大人としての責任など多くのテーマについて話し合いました。(ボラナビ倶楽部 高山大祐)

穏やかな会話と時間の分かち合い

 最初は参加者の皆様に一人ずつ自己紹介していただきました。簡単に話される方が多かったです。一巡後、皆様にもう一度話していただくと、他の方が話したことに対して、質問や意見が出てきました。それをもとに、みんなで「計画停電」「節電」「原発」「就活」などについて話し合いました。参加する人たちは皆、他の参加者の意見に耳を傾け、その意見を踏まえて自分の経験や考えを話してくださるので、穏やかな話し合いが毎回なされます。「口角泡を飛ばす」といった状況はありません。話された意見は、否定されたり拒絶されないので安心です。第3者との穏やかな意見交換や情報収集ができる点が、リピーターが多い理由かもしれません(今回は参加者16人の内、12人がリピーターでした)。初めての方も大歓迎です。ぜひいらしてください。(村上智恵子)

※月寒あんぱん本舗株式会社ほんま様より茶菓子を提供していただいています。
※会場はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社 プロミス札幌お客様サービスプラザをお借りしています。

  • 平日の日中ももしあったら参加したいです。
  • ありがとうございました。また来月も参加したいと思います。
  • 色々な方が参加しているので、テーマを決めるのは難しそうだと思いました。話題に困った時は、公共性のある問題で拡がるかもしれないと思いました。一人、一人、何を求めているのか、何をしたいのかといった視点で関わらせていただきとても勉強になりました。
  • すばらしい人々でした。ありがとう
  • 久しぶりで緊張しましたが、色んな話や意見を聞けて良かったです。ありがとうございました。
  • ちょこっと新しい知識知ったりした
  • 原発問題について色々な意見を聞けてよかったです。最後の「我々大人たちがしっかりして、子ども達に未来への道を作って行かなくては〜」という意見に共鳴しました。
  • 原発の話や建設の話や就職活動の話やいろいろ、いつもの生活ではあまり考えないテーマがあって勉強になりました。
  • 少々元気な方がいて良かったかもしれません。
プリンタ用画面
前
第142回「ボランティアと文化的背景」2012年8月11日
カテゴリートップ
カフェの様子12年度
次
第140回「友人関係のあり方」「話す効果」2012年6月9日

あなたのちからと経験を地域の中で生かしてください~アクティブシニア北海道

老人ホームの有償ボランティア募集~誘喜

登録ヘルパー募集~NPO法人せせらぎ

お独り様会 独身者の出会いとイベント

  

[以上広告]

熱中症予防 声かけプロジェクト

 

 バナー広告募集中

 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET